さくら中央クリニック 機能強化型在宅療養支援診療所

用語解説

機能強化型在宅療養支援診療所とは

地域において在宅診療を支えるクリニックとして24時間・365日休みなく皆様の診療窓口として他の病院や診療所等と連携を図りつつ、往診や訪問看護、電話再診等をご提供するものです。
その基準の中で機能強化型とは、在宅医療を担当する3名以上の医師が在籍し、緊急往診やお看取りの実績が十分ある医療機関に対して認められるものです。

当クリニックはそれらに加え、自ら入院施設を持っておりますので、地域にお住いのご高齢者に安心してご自宅ならびに施設などでの生活をお送りいただけるようサポートさせていただきます。



ページトップへ